大阪経審(経営事項審査申請)サポートセンター

経営事項審査(経審)なら、大阪経審申請サポートセンターにおまかせ!!大阪での経審の申請情報や評点アップの情報、建設業の情報などお伝えします。

配置技術者

大阪北区で経審申請など行っております江本行政書士事務所です。

平成20年4月の法改正で工事経歴書に「配置技術者」の蘭が設けられました。

許可を受けている業種の工事に着いては請負金額の工程に関わらず、配置技術者を置かなければなりません。

配置技術者には

1.主任技術者

2.監理技術者

の区別が有ります。

主任技術者は、一般建設業の専任技術者になれる技術者と考えればわかりやすい。

監理技術者は、特定建設業で下請契約が3,000万円以上の工事(建築一式工事では4,500万円以上)には、特定建設業の許可要件を満たす技術者を配置しなければなりません。

また、工事1件の請負金額が2,500万円以上(建築一式工事では5,000万円以上)の工事では専任の技術者である必要があります。

専任技術者は、「現場の職務に従事しながら実質的に営業所の職務にも従事しうる程度に工事現場と営業所が近接し、常時連絡をとりうる体制にある場合については、特例的に配置技術者となることができる」とされます。

しかし、専任を要する工事現場には、配置技術者になることは出来ません。

 

posted by keishin1ban in 所長のブログ and have コメントは受け付けていません。

No comments

The comments are closed.